より目の人におすすめのブラウンカラコン

瞳の印象を変えることで、よりかわいらしく、よりきれいに見せることができるカラコンは、若い人を中心に大変人気が高く、今では、ファッションの一部として定着しています。

最近は、瞳の色を変えたり、瞳の大きさを大きくするだけでおしゃれというよりは、自分に似合うカラコンを追及したり、TPOに合わせてつけ変えるようなおしゃれの仕方に変わってきています。

瞳が大きく見えるようにすることよりも、より自然でかわいらしく見せることに重点が置かれているのです。

より目の人は、目がくりっとしていてかわいらしく、カラコンをせずにそのままでも印象的な瞳をしているので、かわいらしいことが多いのですが、もともとの目の印象が強くても、きつすぎず、かわいらしい瞳になれるブラウンのカラコンが人気です。

やわらかい印象を作ってくれて、うるんだきれいな瞳を演出してくれるカラコンを使うと、より目の人の魅力がさらに引き出され、ドーリーな印象になることができます。

おすすめは、ブラウンのカラコンで、ふちが細くて強調しすぐない物を選ぶと良いでしょう。ふちが細めの物でも、目の印象が強くなり過ぎていると感じたときには、ふちなしがおすすめです。

自然な印象で明るくうるんだ瞳に

自分自身の目のかわいらしい雰囲気を保ちつつ、自然な印象で明るくうるんだ瞳になることが期待できます。くりっとした、かわいらしい目の印象を、自然なブラウンで明るく見せると、より瞳の印象がきれいになり、とても魅力的です。

カラコンを付けている女性がすごく多いとあり、どういうところが魅力なのか知りたくなりました。
カラコンとは「カラーコンタクト」のことです。様々なタイプの色や目の形などもがあります。
不思議に思ったのが、黒目に黒コンタクトをすることです。

たしかに黒目ですが、大きさなどが変わり全然違う雰囲気になるという利点があります。白目の部分が少なくなることで、キツイ印象が和らいだり、可愛い雰囲気になるという理由で女性に愛用者が多いようです。
あと、色が付いたものを利用するというひとのなかには、ファッションアイテムとして使用しており、洋服などと合わせて使うようです。

ファッションというとコスプレといったものと合わせることも多く、いつもと違う自分になりたいひとにも人気といえます。

外国人のブルーの瞳というのも興味本位で体験

また色というと単純な一色と思いがちですが、複雑な色合いのものもあり、微妙なバランスで雰囲気が違ってみえるのもすごく良いところです。

またそういった複雑な色合いというのはブラウンであってもただのブラウンではなく、とても繊細です。
繊細だからこそ普通に付けていても浮くことがなく、どんなファッションとも合わせやすいといえます。

派手なひとが使うと思わずに挑戦してみれば、意外と似合う色も見つかりそうです。
カラコンは手頃な価格のものが販売されており、通販などでも多くの種類を見つけて購入できます。

二重でより輝く目に

二重まぶたは、目を大きく見せてくれる効果があります。カラコンと二重をうまく組み合すことで可愛くなれます。

一重の方でも簡単に二重にできる美容液も有ったりするので、試してみる価値があり(^^♪

ナイトアイボーテの詳細へ

よかったら利用してみてください。

カラコンの種類と製法を知る

カラコンは登場した初期の頃には10~20代の女性たちが主な使用層でしたが、あっという間にブームに火がつき一気に広がりました。

その結果、今や若い女性だけにとどまらず幅広い年代にまで愛用者が増えてきています。

なぜそこまで人気かというと、まずつけただけで目をぱっちり、黒目を大きく見せてくれるという効果があるからです。その日の気分や髪の色、またファッションなどによっても瞬時にイメージチェンジができます。ある意味、メイクをやり直すよりもはるかに簡単で手間要らずです。

カラコンは今種類が豊富

カラコン人気はとどまるところを知らず、世界規模になっています。そんななか参入業者の数も膨大に膨れ上がり、消費者の安全な識別力や判断力が必要です。

そのためにもまず、カラコンの製造方法や一般的な種類を知っておくことはとても重要なのではないでしょうか。一概にはいえませんが、海外製のものは着色剤が漏れてくるなどの報告もあるため、格安ばかりに飛びつくのは避けたほうがよさそうです。

カラコンには、度の入ったものと伊達メガネ的な度なしのものが存在します。度ありのものをつける前には眼科で検診を受け、処方された度数のものを使用するほうが安心です。

代表的な製造方法

代表的な製造方法は、着色剤とレンズの素材を機械に入れ、圧力をかけて作られたキャストモールド製法と呼ばれるものや、レンズ外側を着色後、特殊ポリマーで被せるセミキャストモールド製法があります。

またレンズを回転させながら着色剤を注ぎ込むスピンキャスト製法や、最も多いのが2枚のレンズで着色部分を挟み込むサンドイッチ製法などもあります。

カラコンの着色部分による目の痛み

カラーコンタクトレンズ(カラコン)の使用で、目の痛みや、角膜に傷がついたなどのトラブルが急増しています。

カラコンは、通常のコンタクトレンズより表面が粗く凹凸があるため、細菌や微生物が繁殖しやすいようです。

緑膿菌やブドウ球菌などの細菌は、目の炎症や痛みを引き起こすので、そのまま使用し続けると大変危険です。

また、着色部分の色落ちも問題になっています。
まばたきでカラコンが、眼球やまぶたに擦れる度に色落ちし、眼球を傷つけるのです。

ケアが必要な、使い捨てタイプ以外によく見られるようですが、色素にはチタンやアルミニウムなどの金属が含まれているので、使い捨てタイプでも使用しているうちに、色素がコンタクトレンズを突き破って出て行くことは容易に考えられます。

レンズとレンズの間にあるはずの着色剤が、レンズの表面についていて、綿棒などで少し擦っただけで色が落ちてしまうようなものや、レンズの縁から色素がはみだしてしまっているものも頻繁に見られるので、注意が必要です。

最近は、黒めがちに見せるために着色部分を大きくしたカラコンが人気のようですが、着色部分が多いと酸素透過率が下がるので酸素不足になり、目が充血してしまう人も多いようです。

そのため、長時間の使用は避けた方がいいとされています。

長時間使用すると、結膜炎などの目の病気になってしまう可能性があります。

カラコンはレンズに柄が入っていますが、光彩部分まで色が施されているものは、視界の妨げにもなります。

カラコンを使いプリクラ加工不要で目を大きく見せる

プリクラは加工して魅力的に見せますが、利用できる場所は限られます。

目を大きくできる場所が限定され、プリクラ写真の中だけが理想的になります。

大きさも自由

カラコンを利用すると、目の色を変えられるだけではなく、大きさも自由にできますし、ファッションに取り入れれば、幅広く楽しむ事が可能です。

目に付けるだけのカラコンは、特殊な加工が不要ですし、メイクの方向性は自由自在です。

理想的な完成形を目指すなら、カラコンを使用する前に、プリクラで加工を試す事が便利です。

目を大きく見せるなら、試したいカラコンの直径を考える必要があります。

大きくするだけではなく、バランスが重要ですから、鏡を見ながらイメージを行います。

カラコンとメイクの色も重要で、極端に濃い色や、現実離れしたカラーは避け、漫画の様にデフォルメされない事が大切です。

写真ならば、後から自由に加工を加えられます。

特定の角度で記録された写真とは異なり、照明や見せ方で誤魔化さず、カラコンを使用したオシャレで勝負します。

どこから見られても自信を持てれば、更に明るく前向きになれます。

町へ飛び出す楽しみは、自慢の顔で積極的になれたり、行動力が増すメリットも生まれます。

コンプレックスを解消できるオシャレアイテムで、使い方次第で可能性は大きくなります。

魅力を増す努力を行うと、自らの輝きが増して、自信が強くなります。

前向きな楽しみを実現する商品で、使いこなしが目力をアップさせます。

なりたい瞳のイメージで選ぶカラコンのデザイン

おしゃれの仕上げとして定着してきているカラコンと言えば、定番のブラックやブラウンから、おしゃれ度の高いグレーやグリーンなど、色で選ぶことを思い浮かべる人が多いのですが、ナチュラルやハーフ目などなりたいイメージに近いデザインのカラコンを選ぶことで、好みのレンズが見つかることが期待できます。

ナチュラル系のでか目を目指している人には、ブラックよりも、ヘーゼルやブラウンなどの膨張色で、ふちが無いグラデーションデザインのカラコンがおすすめです。

グラデーションの色の変化やデザインにこだわると、自分に似合うカラコンを見つけることができます。ふち強調系のグラデーションは、モデルのようなぱっちりながら、色素の薄い感じを出すことができ、ふちなし深めグラデーションなら、ナチュラルでミステリアスな瞳を演出することができます。

ハーフ目を目指している人には、もともとの瞳の色味と系統が同じカラコンを選ぶならグラデーションが単一の色味の濃淡で入っている物を選ぶと自然です。

もともとの瞳と違う系統の色を入れたい時には、グラデーションの中に、自分の瞳の色味と同じ色のドットが入っているデザインの物を選べば、なじみがぐっと良くなります。

また、思い切ったカラーに思えるピンクなどは、肌の色と相性が良い物で、ふちが強調されない物を選ぶと、意外に馴染みが良く、浮いた印象にならずにドール系の可愛い印象を与えることができるので、お勧めです。