カラコンの種類と製法を知る

カラコンは登場した初期の頃には10~20代の女性たちが主な使用層でしたが、あっという間にブームに火がつき一気に広がりました。

その結果、今や若い女性だけにとどまらず幅広い年代にまで愛用者が増えてきています。

なぜそこまで人気かというと、まずつけただけで目をぱっちり、黒目を大きく見せてくれるという効果があるからです。その日の気分や髪の色、またファッションなどによっても瞬時にイメージチェンジができます。ある意味、メイクをやり直すよりもはるかに簡単で手間要らずです。

カラコンは今種類が豊富

カラコン人気はとどまるところを知らず、世界規模になっています。そんななか参入業者の数も膨大に膨れ上がり、消費者の安全な識別力や判断力が必要です。

そのためにもまず、カラコンの製造方法や一般的な種類を知っておくことはとても重要なのではないでしょうか。一概にはいえませんが、海外製のものは着色剤が漏れてくるなどの報告もあるため、格安ばかりに飛びつくのは避けたほうがよさそうです。

カラコンには、度の入ったものと伊達メガネ的な度なしのものが存在します。度ありのものをつける前には眼科で検診を受け、処方された度数のものを使用するほうが安心です。

代表的な製造方法

代表的な製造方法は、着色剤とレンズの素材を機械に入れ、圧力をかけて作られたキャストモールド製法と呼ばれるものや、レンズ外側を着色後、特殊ポリマーで被せるセミキャストモールド製法があります。

またレンズを回転させながら着色剤を注ぎ込むスピンキャスト製法や、最も多いのが2枚のレンズで着色部分を挟み込むサンドイッチ製法などもあります。

カラコンの着色部分による目の痛み

カラーコンタクトレンズ(カラコン)の使用で、目の痛みや、角膜に傷がついたなどのトラブルが急増しています。

カラコンは、通常のコンタクトレンズより表面が粗く凹凸があるため、細菌や微生物が繁殖しやすいようです。

緑膿菌やブドウ球菌などの細菌は、目の炎症や痛みを引き起こすので、そのまま使用し続けると大変危険です。

また、着色部分の色落ちも問題になっています。
まばたきでカラコンが、眼球やまぶたに擦れる度に色落ちし、眼球を傷つけるのです。

ケアが必要な、使い捨てタイプ以外によく見られるようですが、色素にはチタンやアルミニウムなどの金属が含まれているので、使い捨てタイプでも使用しているうちに、色素がコンタクトレンズを突き破って出て行くことは容易に考えられます。

レンズとレンズの間にあるはずの着色剤が、レンズの表面についていて、綿棒などで少し擦っただけで色が落ちてしまうようなものや、レンズの縁から色素がはみだしてしまっているものも頻繁に見られるので、注意が必要です。

最近は、黒めがちに見せるために着色部分を大きくしたカラコンが人気のようですが、着色部分が多いと酸素透過率が下がるので酸素不足になり、目が充血してしまう人も多いようです。

そのため、長時間の使用は避けた方がいいとされています。

長時間使用すると、結膜炎などの目の病気になってしまう可能性があります。

カラコンはレンズに柄が入っていますが、光彩部分まで色が施されているものは、視界の妨げにもなります。