カラコンを使いプリクラ加工不要で目を大きく見せる

プリクラは加工して魅力的に見せますが、利用できる場所は限られます。

目を大きくできる場所が限定され、プリクラ写真の中だけが理想的になります。

大きさも自由

カラコンを利用すると、目の色を変えられるだけではなく、大きさも自由にできますし、ファッションに取り入れれば、幅広く楽しむ事が可能です。

目に付けるだけのカラコンは、特殊な加工が不要ですし、メイクの方向性は自由自在です。

理想的な完成形を目指すなら、カラコンを使用する前に、プリクラで加工を試す事が便利です。

目を大きく見せるなら、試したいカラコンの直径を考える必要があります。

大きくするだけではなく、バランスが重要ですから、鏡を見ながらイメージを行います。

カラコンとメイクの色も重要で、極端に濃い色や、現実離れしたカラーは避け、漫画の様にデフォルメされない事が大切です。

写真ならば、後から自由に加工を加えられます。

特定の角度で記録された写真とは異なり、照明や見せ方で誤魔化さず、カラコンを使用したオシャレで勝負します。

どこから見られても自信を持てれば、更に明るく前向きになれます。

町へ飛び出す楽しみは、自慢の顔で積極的になれたり、行動力が増すメリットも生まれます。

コンプレックスを解消できるオシャレアイテムで、使い方次第で可能性は大きくなります。

魅力を増す努力を行うと、自らの輝きが増して、自信が強くなります。

前向きな楽しみを実現する商品で、使いこなしが目力をアップさせます。

なりたい瞳のイメージで選ぶカラコンのデザイン

おしゃれの仕上げとして定着してきているカラコンと言えば、定番のブラックやブラウンから、おしゃれ度の高いグレーやグリーンなど、色で選ぶことを思い浮かべる人が多いのですが、ナチュラルやハーフ目などなりたいイメージに近いデザインのカラコンを選ぶことで、好みのレンズが見つかることが期待できます。

ナチュラル系のでか目を目指している人には、ブラックよりも、ヘーゼルやブラウンなどの膨張色で、ふちが無いグラデーションデザインのカラコンがおすすめです。

グラデーションの色の変化やデザインにこだわると、自分に似合うカラコンを見つけることができます。ふち強調系のグラデーションは、モデルのようなぱっちりながら、色素の薄い感じを出すことができ、ふちなし深めグラデーションなら、ナチュラルでミステリアスな瞳を演出することができます。

ハーフ目を目指している人には、もともとの瞳の色味と系統が同じカラコンを選ぶならグラデーションが単一の色味の濃淡で入っている物を選ぶと自然です。

もともとの瞳と違う系統の色を入れたい時には、グラデーションの中に、自分の瞳の色味と同じ色のドットが入っているデザインの物を選べば、なじみがぐっと良くなります。

また、思い切ったカラーに思えるピンクなどは、肌の色と相性が良い物で、ふちが強調されない物を選ぶと、意外に馴染みが良く、浮いた印象にならずにドール系の可愛い印象を与えることができるので、お勧めです。